ロゴQコード自動生成機能

見た目は同じデザインでも情報の異なるコードをいくつでも生成することができるため、物品や個人を連動させて電子的に管理することが可能です。

使用例

ポイントシールとして使用した場合

バリアブルロゴQコードだから出来ること

  • チケットやカードの発行

    コンサート、映画のチケット、メンバーズカードなどデザインは同じにしながらユニークなコードを自動的に生成する必要のある媒体物にも最適です。また、この技術を航空チケットなど電子チケットにも応用可能です。

  • 媒体効果測定

    マス媒体における新聞、雑誌等の紙メディア、デジタルサイネージ、WEBサイトなどから携帯サイトへの誘導効果測定を行うことができます。サイト内の履歴や成約率を組み合わせれば媒体毎のコンバージョン率も測定することが可能です。

  • 顧客囲い込み

    個々のお客様に対して固有のURL「pURL(Personalized URL)」を発行し、自動的にデータ化することでケータイを通じ、「One to One」マーケティングが可能になります。

ページのトップへ戻る
ページのトップへ戻る