• Twitter
  • facebook

ロゴQのセキュリティ

ロゴQは視認性、複製検知・偽造検知が可能な高度なセキュリティを持つ次世代の2次元コードです。
QRコード決済、二次元コードを印刷して入場整理も行う紙のチケットなど、高度なセキュリティが必要になる二次元コードに最適なコードです。

QRコードの静的と動的について

QRコードの利用法はインターネットに繋ぐだけでなく、様々なことに使用され始め、生活のインフラになりつつありますが、セキュリティが追いついていないのが現状です。
特にセキュリティ対策が急がれるQR決済は、2種類の仕様の違うQRコードを使用し、印刷されたQRコードを、消費者がスマートフォンなどでスキャンして支払う場合に使用されるのが静的コード。 消費者が自分の携帯電話の画面にQRコードを表示させ、店側がスキャンして決済するときに使用されるのが動的コードです。動的コードは「ワンタイムパスワード」などの偽造対策技術があり、1分ごとに更新されるため安全性は高いとされています。しかし、静的コードの安全性は、リアルタイムで生成される動的コードには遠く及びません。
QR決済先進国の中国では、静的コードを使ったQR決済は不正が後を絶たず、支払いに500元の上限規制が適用されてしまいました。

紙などに印刷され変化しないコード。偽造、複製が容易でセキュリティが低い。

スマートフォンなどに表示し、一定の時間でコードが変わるなどのセキュリティ対策がある。

コードの機能・セキュリティ強度の比較

QRコードを始めとする情報管理コード、また、偽造対策機能を主としたコードなどもありますが、当社の開発した二次元コード:ロゴQは、その両方を兼ね揃えたサーバーを使用せずアプリケーションで偽造複製が判断できる自己認証型コードです。
コード機能とセキュリティを兼ね揃えたロゴQは、個々をコード管理する時代に最適なコードです。

 

ホログラム

バーコード

シールベクター

QRコード

ロゴQ

デザイン性 色や形に制限あり なし なし なし 文字、イラスト、写真などでブランディング可能
電子管理 不可 物理的に限界あり 不可 可能 可能
導入コスト 特殊素材が必要 登録申請すれば自由に作成可能 専用付属品とアプリが必要 誰でも自由に作成可能 QRリーダーと互換性

(偽造・複製検知は専用アプリ)

安全性 偽造が可能 偽造・改ざん・複製に弱い アナログ的複製検知が可能 偽造・改ざん・複製に弱い サーバーを使わずアプリで偽造・複製を検知
データ拡張性 なし コード管理のみ 複製防止機能のみ インターネット接続 インターネット接続及び暗号コード埋込

関連コンテンツ

  1. QRペイ©
ページのトップへ戻る