• Twitter
  • facebook

カラーユニバーサルデザイン(CUD)への取り組み

より多くの人に伝わりやすく・わかりやすい、どのような色覚の人が見てもわかりやすい色覚バリアフリーカラーQRコード

オリンピックで益々来日する人が増え、情報面の抵抗を無くすことが必須です。
ユニバーサルカラーのロゴQは特に視認性に優れ、欲しい情報への入口としてあらゆる人々に優れた普遍性の高い情報の窓口です。
スマートフォンでQRコードのように撮影するだけで、欲しい情報にアクセスできます。 例えば旗のイラストであれば、その国の母国語での観光案内が出るイメージです。
こうした試みが情報面の抵抗・言語面の抵抗を軽減し、誰もが快適に日本で過ごせる第一歩になると信じています。

東京都市大学大学院環境情報学研究科
ユニバーサルデザイン研究室
(兼務:慶應義塾大学SFC研究所上席所員)
准教授 西山敏樹

CUD(カラーユニバーサルデザイン)とは?

色の見え方や感じ方が、色覚正常といわれる人とは異なっている色覚異常の方は日本人男性では約5% 女性では約 0.2%の割合で、 日本人全体では約数百万人もいるといわれています。
色覚正常な場合には識別できても、色覚に障害がある人の場合は暖色同士や寒色同士の識別がしづらくなり、「赤と緑」「紫と青」「オレンジと黄緑」などが同じような色に見えてしまいます。

  • 色覚正常な場合

  • 障害がある人の場合

こうした多様な色覚を持つさまざまな人に配慮し、多くの人に情報が伝達できるよう利用者側の視点に立ってつくられたデザインを、カラーユニバーサルデザイン(COLOR UNIVERSAL DESIGN)といいます。

フルカラーコードとしてCUDへの対応

フルカラーのコードを作れる世界で唯一の企業として、当社の開発したロゴQコードをCUD(カラーユニバーサルデザイン)に対応することを研究課題として取り組んでいます。

明度の似た寒色同士・暖色同士を組み合わせて作成

  • 色覚正常な場合

  • 障害がある人の場合

寒色同士と暖色を組み合わせて作成

  • 色覚正常な場合

  • 障害がある人の場合

ロゴQはどのような色覚の人が見てもわかりやすいカラーQRコードとして、色をどのように調整すれは識別しやすくなるかを考え「色覚バリアフリーQRコード」を目指し製作しています。

ページのトップへ戻る